墨流し

  

※ 画像をクリックすると拡大されます


左官アート @ 2008/12/08

本土壁四色揃

  

※ 画像をクリックすると拡大されます


左官アート @ 2008/12/08

晩秋

  

※ 画像をクリックすると拡大されます


左官アート @ 2008/12/08

大津茜

  

※ 画像をクリックすると拡大されます


  

日本の壁は、木舞という木と竹を格子状に編んだものが壁の芯になります。
その格子状の部分に藁を混ぜた粘土状の土を塗り込み、「あらかべ」という
壁の下地を作ります。更にその上に、斑直し(むらなおし)、中塗りを施して、
最後に仕上げの上塗りを塗ります。上塗りの最高の仕上げは、漆喰(しっくい)の
磨き壁であり、大津磨きという技法は、その磨き壁の代表的なものです。
この作品は、その壁塗りの行程を表し、最後に大津磨きの赤色を施してあります。

左官アート @ 2008/12/08

  

※ 画像をクリックすると拡大されます


左官アート @ 2008/12/08

嵯峨野

※ 画像をクリックすると拡大されます


嵯峨野

Sagano

日本には、竹が多く、竹藪の佇まいは純日本的なイメージとして捉えられます。
特に京都の嵯峨野の竹林は有名ですが、土と竹が織りなす風景をデザインした
作品が「嵯峨野」です。

左官アート @ 2008/12/08

加賀衣

  

※ 画像をクリックすると拡大されます


  

日本家屋の壁は、通常、壁の模様替え(塗り替え)の時には、前に塗ってある
壁を落としてから新しく塗りますが、そのまま上に塗り重ねていく事も時々
見受けられます。その場合、壁に穴が空くと、前に塗った壁の色が、まるで
十二単のように、着重ねた衣のように見える事をデザイン化したのが、
「加賀衣」という作品です。

左官アート @ 2008/12/08

かざぐるま

※ 画像をクリックすると拡大されます


風車

Kazaguruma

日本の玩具「風車」をイメージした作品です。一度、土を塗り付け、風車の模様を
筋彫りし後で、違う色の土を溝に塗り込み、最後に掻き落とすという大変、手間の
かかる技法を使っています。

左官アート @ 2008/12/08

  

※ 画像をクリックすると拡大されます


左官アート @ 2008/12/08

二種京土「白」

  

※ 画像をクリックすると拡大されます


左官アート @ 2008/12/08
« 前ページへ次ページへ »


株式会社 イスルギ
本社:921-8027 石川県金沢市神田1-31-1
大阪支店・富山支店・福井支店